セラリーナができるまで

1.原型製作

 石膏のかたまりから削り出します。長年にわたって石膏型をつくり続けてきた高度な技術と職人技を発揮しています。

2.見本型の製造

 「圧力鋳込み製造」に合わせ原型を土で囲んで石膏を流し、原型空洞の型を製作します。

3.ケース加工、型製造

 見本方を元にケースを作成。圧力鋳込み用ジャッキの高さに泡性た枚数を制作します(1本立(約1.2m)を12枚ほど)。

4.半製品の製造

 圧力鋳込み機に一本立12枚ほどをセットし、ジャッキで締めて液状粘土を注入します。型から取り出した上下を合わせて半製品が完成します。

5.調律、仕上げ

 半製品を完成させてから、一つずつ穴を吹きながらチューナーで調律します。ここで音階が決まるので、時間をかけてじっくりと仕上げていきます。

6.焼成

 半製品の状態で調律ができたら、約900℃で収縮手前まで焼成し、その後さらに微調整します。

7.コーティング

 吹き穴や歌口に影響がないように、コーティングを施します。

8.吹奏テストを行い完成!

・セラリーナを注文したい!

・「セラリーナ工房」を見学したい!

・イベントでセラリーナを演奏して欲しい!

・私もセラリーナ教室に参加したい!

・当社に石膏型の依頼をしたい!

   その他、どのようなことでもお気軽にご連絡ください。

 

セラリーナ工房 吉川製型所

〒507-0813 岐阜県多治見市滝呂町8-157

TEL/0572-22-1904 FAX/0572-22-2947

お問い合わせ

セラリーナ工房 吉川製型所

〒507-0813

岐阜県多治見市滝呂町8-157

TEL/0572-22-1904

FAX/0572-22-2947

吉川清和、吉川晴恵

セラリーナ工房の吉川です。より多くの方にセラリーナを楽しんでいただくことを願っています。

多治見き業展
むつみ音楽企画
お絵かきセラリーナ
岐阜県石膏型工業協同組合